サンJoséの州立大学
経済学部

applet-magic.com
Thayer Watkins
シリコン・バレー
及び竜巻の通り道
米国

1993-1994年のユーゴスラビアの超インフレ:
人類の歴史の最も悪いの

チトーの下で、ユーゴスラビアは印刷のお金によって融資された財政赤字を動かした。 これは1年ごとのインフレーション15%から25%のインフレ率をもたらした。 チトーの後で共産党は漸進的により不合理な経済政策を追求した。 ユーゴスラビアのこれらの不合理な方針そして破壊は印刷により重い信頼を(ユーゴスラビアはセルビアおよびモンテネグロだけから今成っている)または政府および社会主義経済の操作を融資するために別の方法で作成のお金もたらした。 これは超インフレを作成した。

1990年代初期までに政府は自身の硬貨の予備すべての上で使用し、一般市民の硬貨の節約を略奪することを進んだ。 それは一般市民にますます困難な制限を課すことによって政府銀行の彼らの硬貨の節約にこれをアクセスするした。

政府は商品が人工的に低価格で利用できるために仮定された店のネットワークを作動させた。 実際にはこれらの店にほとんど販売することを何でもなかったし、商品は価格が商品が政府の店でで販売するために仮定された公定価格の上で遠いフリーマーケットだけで利用できた。 政府のガソリン・ステーションすべては結局閉鎖して、ガソリンは操作がフードで置かれるガソリンのプラスチック缶によって駐車された車から成っていた路傍のディーラーからだけ利用できた。 市価は1ガロンあたり$8の等量だった。 ほとんどの車の所有者は運転を与え、公共交通機関に頼った。 しかしベオグラードの運輸権限(GSP)に1200台のバス作動の艦隊を保つために必要な資金がなかった。 その代りそれは500台以下のバスを動かした。 これらのバスは混雑し、改札係は料金を集めることを得ることができなかった。 従ってGSPは資金急に必死にだったのに料金を集めることができなかった。

配達用トラック、救急車、普通消防車およびごみ収集車は燃料急にまただった。 政府はガソリンが落下収穫および植わることのために農夫に販売されないことを発表した。

お金の政府の絶望的な印刷にもかかわらずそれにまだ下部組織を作動中保つ資金がなかった。 開発された通りの鍋の穴、エレベーターは作用することを止め建設プロジェクトは閉まった。 失業率は30%超過した。

政府は印象的な価格統制によってインフレーションに逆らうことを試みた。 しかしインフレーションがなされた政府の価格統制を続けたときに価格の生産者は作り出すことを止めたばかばかしい低速を得ていた。 1993の10月にパン屋はパンを作ることを止め、ベオグラードは1週間パンなしにあった。 虐殺家は州の店に肉を販売することを断り、この意味された肉は人口の多くのセクターのためにunvailableなった。 他は政府によって統治を委任される価格で目録のために閉められていてよりもむしろ販売する商品を貯える。 外国の源からの食糧を買うために農夫が、政府の不合理に使用された硬貨によりもむしろ政府が定まった人工的に低価格で政府販売することを断ったときに価格統制を取除きなさい。 農政部はまた農夫を植わり、収穫のために必要とした燃料の販売することによって30%ただ飢饉を作成することを危険にさらした。

後で政府は価格を引き上げた度に店の書類事務をファイルするように要求によってインフレーションを抑制することを試みた。 これは店の従業員の多数がこれらの政府の書式に記入することに彼らの時間を捧げなければならなかったことを意味した。 インフレーションを抑制するかわりにこの方針は実際に別の価格上昇のためのファイル形態をそうすぐに持っていないのは店がより大きいジャンプによって増加の価格をがちだったのでインフレーションを高めたからである。

新しい通貨単位作成される1993の10月。 1つの新しいディナールは古いディナールの百万の価値があった。 事実上、政府は紙幣から6つのゼロを単に取除いた。 これは当然インフレーションを停止しなかったし、1993年10月1日の間におよび1995の1月24日、価格5つのquadrillionのパーセント増加した。 この数はそれの後に15のゼロとの5である。

1993の11月に政府は人口のほとんどが住んでいた儀式用広間の建物の熱につけることへ延期した。 居住者は熱のこの差し控えに非能率的だった反応し、電気システムに積み過ぎた電気スペースヒーターの使用によって。 政府の電力会社はそれから電気を節約するために停電を発注しなければならなかった。

社会組織は倒れ始めた。 盗人は乏しい医薬品の病院および医院を奪い、次に奪った同じところの前の販売した。 鉄道の労働者は殴打で行き、ユーゴスラビアの鉄道システムを閉めた。

大きい精神病院87で患者は1994年の11月に死んだ。 病院に熱がなかった、食糧がなかったまたは薬および患者は露出したのまわりでさまよっていた。

政府は年金のレベルを置いた。 年金は郵便局で支払われるべきだったが、政府は郵便局にこれらの年金を支払うために十分な資金を与えなかった。 年金者は郵便局の外の長距離回線部門で並べた。 年金を支払うために郵便局が州の資金を使い果たしたときに従業員は誰かが手紙かパッケージをいつ郵送することを入って来たかどんなお金受け取ったラインの次の年金者に支払う。 インフレーションによってそれがだったものであることは年金の価値年金者が家に行き、翌日もどって来たら徹底的に減る。 従って彼らは彼らの年金の支払の価値が並んで待たなければならなかった毎分と減少していたことを知っている並んで待ち。

多くのユーゴスラビアビジネスはユーゴスラビアの通貨を全然取ることを断り、ドイツのドイイツマルクは効果的にユーゴスラビアの通貨になった。 しかし政府の組織、公務員および年金者はまだまだユーゴスラビアディナールでそうそこにだったディナールの活動的な交換俸給を受け取った。 11月12日に、1993は為替レート1 DM = 1,000,000の新しいディナールだった。 11月23日までに為替レートは1 DM = 6.5百万の新しいディナールであり、11月の終わりに1時DM = 37,000,000の新しいディナールだった。 12月の初めにバス労働者は殴打で住むために1ヶ月あたりの230のDM 4人家族を要したときに2週間支払が4つのDMだけと同等だったので行った。 12月11日までに為替レートは1 DM = 800,000,000であり、12月15日に1時DM = 3.7十億の新しいディナールだった。 平均毎日のインフレ率はほぼ100%だった。 フリーマーケットの農夫販売がユーゴスラビアディナールのために食糧を販売することを断ったときに政府はフリーマーケットを閉めた。 12月29日に為替レートは1 DM = 950,000,000,000の新しいディナールだった。

約そこの今回は悲劇的な事件行われた。 通常ように年金者は並んで待っていた。 誰かはラインフリーマーケットからの食料雑貨の運送袋を渡った。 2人の年金者は得た従って心臓発作を有し、そこに正しく死んだこと食料雑貨との誰か他の人の彼らの状態そして視力でひっくり返しなさい。

12月の終わりに為替レートは1 DM = 3つの兆ディナールであり、1994年1月4日に1時DM = 6つの兆ディナールだった。 1月6日に政府はドイツのDeutscheがユーゴスラビアの公式の通貨だったと宣言した。 約今回政府は古く新しいディナールの1,000,000,000と等しかった新しく新しいディナールを発表した。 これは為替レートが1 DM = 6,000の新しく新しいディナールだったことを意味した。 1月11日までに為替レートは1のレベルにDM = 80,000の新しく新しいディナール達した。 1月13日の率は1 DM = 700,000の新しく新しいディナールであり、6日後で1時DM = 10,000,000の新しく新しいディナールだった。

政府によって作動させた電話システムのための電話代は郵便集配人によって集められた。 人々はこれらの手形にできるだけ支払うことへ延期し、インフレーションは何もの隣でに実質の価値をそこに減らした。 1人の郵便集配人は780の電話代の請求書で集まることを試みることの後で彼が何も従って翌日彼が少数のアメリカのペニーの等量の電話代の請求書彼自身すべてを得なかったことを家に居、支払ったことが分った。

政府の方針の不合理のもう一つの実例はここにある。 ジェームスライオン、1993年の12月のベオグラードから国際的な電話のなされるジャーナリスト20時間。 これらのための手形はだった1000の新しく新しいディナール呼び、1月11日に着いた。 1の1月11日の為替レートでDM = 150,000ディナールそれは手形を支払うために1つドイツのペニッヒ以下要しよう。 しかし手形は1月17日まで当然ではなかったし、その頃までには為替レートは1つにDM = 30,000,000ディナール達した。 けれども国際的な電話のそれらの20時間のフリーマーケットの価値は約$5,000だった。 従って硬貨のために紐で縛られることにもかかわらず政府は何ものための電話のジェームスライオン$5,000の価値を本質的に与えた。

小切手を受け入れることを断ることは法律違反だった。 明確なインフレーションに点検のためにかかった数日にそれらの点検をカバーする費用の90%多くを一掃することを知っている何人かの人々は小切手を書いた。

1月24日に、1994は政府新しく新しいディナールの10,000,000と等しい極度のディナールをもたらした。 ユーゴスラビア国家公務員の位置は超インフレがセルビアの人々および州に対する不公平に実行された認可のために「」。起こったことだった

源: ジェームスライオン、「ユーゴスラビアの超インフレ1993-1994年: 社会史」、東欧の政治および社会Vol. 10、第2 (1996年春)、PP。 293-327。


applet-magic.comのホームページ
Thayer Watkinsのホームページ